ランエボ9(CT9A)で電子制御! > 改造・メンテナンス・チューン > インプレッサ・ガソリンの空吸い
ランサーエボリューション メンテナンスDVD

インプレッサ・ガソリンの空吸い

スポンサードリンク
今話題のクルマブログはこちら!→
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

インプレッサの燃料タンクは、リアシートの下に配置されています。重量配分と居住性の両立という意味でスペース効率を追求すると、こういう形になるのは自然です。

しかし、4WDであるインプレッサではプロペラシャフトがあるため、この位置に燃料タンクを設置するとなると、2室構造するしか方法がありませんでした。この構造が、横Gを受けたときのガソリンの片寄りによる「空吸い」を引き起こす原因になっています。

スバルでも開発から片寄りについては予測していたようで、燃料ポンプを右タンク側に設置しつつ、左タンクにはサブユニットを組み込み、メインのポンプとの間にホースをつないでバランスがとれるように工夫していますが、それでもハードな走行時には、その仕組みをもってしても片寄りが発生するケースがあります。

GDBが登場したとき、燃料ポンプをバッフルプレート付きのもに変更され、ある程度はガソリンの空吸いが解消されました。ですが、燃料タンク自体の形状は以前のままなので、ハード走行には注意が必要です。

スポンサードリンク
自動車保険20社一括見積りサービス!
スポンサードリンク

日本車 外車 中古車 車買取 自動車 車ランキングサイト ページランク 4 直リンク
車探し、車買取、中古車情報満載、中古車販売FLEX


This website is powered by Movable Type 3.2