ランエボ9(CT9A)で電子制御! > 改造・メンテナンス・チューン > インプレッサ・エンジンマウントの劣化
ランサーエボリューション メンテナンスDVD

インプレッサ・エンジンマウントの劣化

スポンサードリンク
今話題のクルマブログはこちら!→
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

エンジンマウントの劣化に関しては、リフトアップすれば確認できます。EJ型の場合、わりと確認しやすい位置にありシリンダーブロックの後ろ側に、左右一体になって装着されています。

マウントに亀裂が入っている場合は、その程度にもよりますが、なるべく早めにリフレッシュしたいところです。見た目には小さな亀裂でも、内部まで割れてしまっていることもあるからです。

エンジンマウントに関しては、インプレッサの場合、ターボ標準車(WRX、GDA)用の部品より硬度が高いSTIバージョン用(GDB)を使うのも効果的です。

また、同じSTIブランドでも市販品ではさらに硬度アップした仕様となっているので、GDBオーナーは、これを使う手もあります(STIエンジンマウントセット¥42000円)。とくにサーキット走行を行うようなクルマでは、さらに強化しておいたほうがいいでしょう。

GDAなど純正部品を使って(流用)強化できるのもインプレッサならではといえでしょう。

スポンサードリンク
自動車保険20社一括見積りサービス!
スポンサードリンク

日本車 外車 中古車 車買取 自動車 車ランキングサイト ページランク 4 直リンク
車探し、車買取、中古車情報満載、中古車販売FLEX


This website is powered by Movable Type 3.2