ランエボ9(CT9A)で電子制御! > 改造・メンテナンス・チューン > インプレッサ・タイミングベルトのトラブル
ランサーエボリューション メンテナンスDVD

インプレッサ・タイミングベルトのトラブル

スポンサードリンク
今話題のクルマブログはこちら!→
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

現在では、エンジンの騒音を減らすための機構としてタイミングベルトは(カムチューンに代わるシステム)どこの国産メーカーでも採用されるようになりました。

しかし、タイミングベルトが一般的になることによって、静粛性の代わりに耐久性の問題が提起されるようになりました。カムチューンと比較するとどうしても「コマ飛び」が起きやすく、また素材が伸びる特性があるため「外れそうになる」可能性が高くなっています。

水平対向エンジンでは、構造上「日本一タイミングベルトが長い」さらに他車より悪条件になります。長いということは、伸びた時にコマ飛びの現象が起きやすくなります。

EJ20ターボではピストンとバルブのクリアランスがシビアなので、もしベルトが切れたら、エンジンは(インプレッサSTIエンジン約93万円)無傷ではすまないでしょう。その他にもベルトの張りを調整するテンショナーにもトラブルの可能性があります。

スポンサードリンク
自動車保険20社一括見積りサービス!
スポンサードリンク

日本車 外車 中古車 車買取 自動車 車ランキングサイト ページランク 4 直リンク
車探し、車買取、中古車情報満載、中古車販売FLEX


This website is powered by Movable Type 3.2